端午の節句かまぼこ

4月も中頃になり、段々と暖かくなってきましたね(*゚▽゚)ノ
そして5月5日といえば「端午の節句」です!
男の子の誕生と成長を祝う行事として知られていますが、
毎年、弊社でも端午の節句の細工かまぼこを販売しております!

菖蒲・キンタロウ・軍配・兜・こいのぼりなど…
端午の節句に合わせた可愛らしいかまぼこがたくさんあります(*´∇`*)
お得なセットになった商品もあるので、ぜひお買い求めください♪

いまU-mei館では、展示用の細工かまぼこが飾られております!
写真を撮りに回っていたら、現場の方が気づいて見せてくれました笑

横ではちょうど細工職人がこいのぼりを描いていました!
細い線を描くのも意外と難しく、繊細な仕事です!

工場見学は、どなたでも無料でできますのでぜひU-mei館にお越しください!
※日曜と祝日は工場がお休みなのでお気を付け下さい!
ご来館をお待ちしております(*^-^)♡

バレンタイン蒲鉾

毎年恒例のバレンタイン蒲鉾の販売が開始されました(*’-‘*)
甘いものが苦手な方や、毎年チョコだけど今年は違う贈り物がしたい方など…
お酒のおつまみにも最適なバレンタインかまぼこを贈りませんか?

ラッピングをするとこんな感じになります♪

下記の通販公式サイトでも販売いたしておりますので
ぜひ、お買い求めください(o^∇^o)ノ♡
梅かま 通販公式サイト

また、いまU-mei館にはこちらの細工が飾られております!
定期的に新しい作品に変えておりますので、U-mei館に来られた際にはぜひご覧ください!

お祝いの鯉を製作しました

昨日、ニュースでも放送していただきましたが
広島テレビさんから再びご依頼を受け、お祝いの鯉を製作いたしました!
弊社の定番商品でもある鯛だと型から作るのですが、
鯉の型はないので長方形のかまぼこの土台から鯉の形に切り取りました。

dsc_0382

dsc_0384

文字を入れて仕上げに金箔を振り掛けました!
鯉のうろこの部分も細かく再現しており、約1mの巨大な鯉が完成いたしました!
選手の方々もきっと驚かれると思います!

dsc03093

dsc03095

U-mei館では見本で作った細工かまぼこが展示してありますので
ご来店の際はぜひご覧ください(*^-^)

dsc03090

細工かまぼこ等技術伝承研修会が梅かまで行われました

平成28年10月5日(水)に 富山県蒲鉾水産加工業協同組合(http://www.t-kamaboko.jp/index.html)主催で「細工かまぼこ等技術伝承研修会」が ㈱梅かまにて行われました
この会は 富山の伝統である細工かまぼこを中心とした技術の伝承を目的としたもので 富山県蒲鉾水産加工業協同組合加盟している各社から沢山の人がこの研修会に参加いたしました
最初にU-mei館にて 富山県蒲鉾水産加工業協同組合代表理事組合長の ㈱梅かま奥井健一社長からの挨拶から始まりました
社長挨拶
社長は昨今のすり身価格の高騰と 富山蒲鉾業界の今後について語られました。
その後は講師の紹介です
細工かまぼこの講師は  生地蒲鉾(黒部) 中陳和悦氏
切出しかまぼこの講師は 新保商店(高岡) 宮木正春氏
巻かまぼこの講師は   梅かま (富山) 大門 満氏

紹介の後 実演の為 梅かま工場内に移動 参加者は講師のテーブルを囲んで ベテラン職人さんの技を鑑賞しました
実演
上の写真は 最初に行われた細工かまぼこ実演の様子 中陳さんは様々な細工を手際よく仕上げていかれました
生地蒲鉾さんは富山県西部の蒲鉾屋さんを中心に新人の修行を引き受けられているので参加者の中にも何人か修業時代にお世話になった人がいます 
次に行われたのは切出しかまぼこの実演です 切出しかまぼことは金太郎飴のようなどこで切っても同じ絵柄のかまぼこで 講師の宮木さんは黙々と型の上に細工包丁と絞り出し袋を駆使して蒲鉾の身を盛り 1本約20分もかけて作られていました まさに職人芸です
最後は 大門さんによる 巻かまぼこの実演 赤巻の皮の上に身を盛り巻いていくスピードに参加者から「早い」と言われていました

富山県の蒲鉾に携わる身としては意義のある2時間でした 

広島カープお祝い鯛の取材を受けました

先日、広島カープの優勝をお祝いする鯛の注文を広島テレビさんから受け、
その細工の模様をKNBテレビさんに取材していただきました(^▽^)/

大きな鯛に細工と文字を入れていきます!
この大きさは20号鯛です(*゚o゚*)
dsc02894

まずは別撰かまぼこの手巻きの様子を撮影していました!
0906

dsc02899

簡単そうに見えますがきれいな渦巻きを作るには相当な技術が必要だそうです。
そしていよいよ鯛への細工です。
dsc02911

dsc02913

一番重要な目は最後に…

dsc02915

そして文字を…

dsc02918

仕上げは豪華に金箔をふりかけます…

dsc02921

一発勝負なので緊張感漂う現場でしたが、見事な鯛を作ってくれました!
社長も心配そうに様子を眺めていましたが、完成した鯛を見て深く頷かれていました(^^)
出来上がった鯛がこちらです。
dsc02922

この鯛を作り上げた細工職人の山田さんです。
お疲れ様でした(*^^*)

dsc02923

その場にいたお客様もこの様子を見られていましたが、
「初めて見たけどこんなに細工職人ってカッコいいんだ」と言っていただき
自分が褒められているのではないのですがとても嬉しかったです(*^-^)
もっとたくさんの人に細工かまぼこの良さを知っていただきたいなと思いました☆

この取材の模様は9月13日(火)の18時15分からKNBエブリィにて放送されます!
ぜひ、ご覧ください(*゚▽゚)ノ

塩釜市蒲鉾組合青年部の方々が来られました

4月5日に宮城県の塩釜市蒲鉾組合青年部の方々が当社に見学・体験に来られました。
この日は特別に細工職人の人数を増やして、別撰の赤巻を手巻きで作るところや鯛やハートかまぼこの細工を実演しました。

new_20160405

社長や奥井部長がかまぼこの説明をし、青年部の方々は興味津々に見学をしておられました(*゚▽゚)ノ
「キレイなかまぼこですね」「グラデーションがすごい」など褒め言葉を頂き、自分はやっていませんが聞いていてとても嬉しくなりました笑

new_201604051

説明のあとは実際に細工体験をして頂きました!

new_201604052

普段の細工体験はチューブにかまぼこを入れて絞り出す作業だけでしたが、
今回は細工職人のように道具を使って色を塗る作業から始めて頂きました!
細工職人の技を見ると簡単そうに見えますが、やはり実際やってみると難しい作業のようで皆さんも苦戦しておられました(・・;)

new_201604053

大門工場長も身振り手振りでコツややり方を教えていました!

new_201604054

完成したかまぼこがこちらです!
左上が大門工場長が細工したかまぼこです。
どれも色鮮やかでキレイなかまぼこが出来上がりましたヽ(^◇^*)/

new_201604055

細工体験は毎日予約受付中です!
ぜひ皆さんお越しくださいo(^o^)o

・料金 1名につき 1500円
・お問い合わせ U-mei館 076‐479‐1853

品評会に出品した作品が戻ってきました!

先日、第68回全国蒲鉾品評会が東京で行われ出品した作品が本日戻ってきました!
細工職人の山田課長が数か月に渡って考えられた作品がこちらです(*゚▽゚)ノ

new_20160319

十二単像をかまぼこで描いております。
細かいところまでこだわり、金箔も使用し華やかな作品に仕上がりました♪
桜の花びらも一つ一つ丁寧に作り上げております!

new_20160319_edited-1

もちろん、全部かまぼこで描かれてるので食べることができます!
しかし、食べるのにはもったいない気がしますね(^_^;)
山田課長、お疲れ様でした!

品評会向けの超大作蒲鉾の作成作業が観られます

今日 山田細工部部長が 今週行われる品評会向けにこの数カ月取り組んできた蒲鉾の作成に取り組まれます

U-mei館に見学に来られれば その製作風景を観ることが見学することができるかも
hinnpyou
上の写真は細工加工するキャンバスになる台の整形作業中の画ですこの写真でもかなりの大作が出来ることが伺えます

皆様のお越しを お待ちしております

卒業・入学 新生活へ向けてのお祝いに 合やわらか(桜)沢山出ています

まさに今は 4月から新生活に向けて人の動きが活発になる時期です
梅かまでも卒業・入学シーズン向けの商品がたくさん出ています

その中でも合やわらか(桜)はこの時期沢山出ます
sakura2
合やわらか(桜)は職人が一枚一枚丁寧に桜の花びらを書き込んでいき その後 桜の花びらの特徴でもある切れ込みを入れるという大変手間暇がかかる商品で 新生活にふさわしい逸品だと思います

その合やわらか(桜)が入ったセットが 「祝セット(桜)」3440円
sakura3 
梅かまHPの 特設バーナー「卒業・入学 お祝い商品」からお買い求めください