細工かまぼこ等技術伝承研修会が梅かまで行われました

平成28年10月5日(水)に 富山県蒲鉾水産加工業協同組合(http://www.t-kamaboko.jp/index.html)主催で「細工かまぼこ等技術伝承研修会」が ㈱梅かまにて行われました
この会は 富山の伝統である細工かまぼこを中心とした技術の伝承を目的としたもので 富山県蒲鉾水産加工業協同組合加盟している各社から沢山の人がこの研修会に参加いたしました
最初にU-mei館にて 富山県蒲鉾水産加工業協同組合代表理事組合長の ㈱梅かま奥井健一社長からの挨拶から始まりました
社長挨拶
社長は昨今のすり身価格の高騰と 富山蒲鉾業界の今後について語られました。
その後は講師の紹介です
細工かまぼこの講師は  生地蒲鉾(黒部) 中陳和悦氏
切出しかまぼこの講師は 新保商店(高岡) 宮木正春氏
巻かまぼこの講師は   梅かま (富山) 大門 満氏

紹介の後 実演の為 梅かま工場内に移動 参加者は講師のテーブルを囲んで ベテラン職人さんの技を鑑賞しました
実演
上の写真は 最初に行われた細工かまぼこ実演の様子 中陳さんは様々な細工を手際よく仕上げていかれました
生地蒲鉾さんは富山県西部の蒲鉾屋さんを中心に新人の修行を引き受けられているので参加者の中にも何人か修業時代にお世話になった人がいます 
次に行われたのは切出しかまぼこの実演です 切出しかまぼことは金太郎飴のようなどこで切っても同じ絵柄のかまぼこで 講師の宮木さんは黙々と型の上に細工包丁と絞り出し袋を駆使して蒲鉾の身を盛り 1本約20分もかけて作られていました まさに職人芸です
最後は 大門さんによる 巻かまぼこの実演 赤巻の皮の上に身を盛り巻いていくスピードに参加者から「早い」と言われていました

富山県の蒲鉾に携わる身としては意義のある2時間でした 

今年も残すところ1カ月を切りました お歳暮・新年に向けてのかまぼこを丹精込めて作ってます

気がつけば早12月 今年も残すところ30日を切りました全国のかまぼこ屋は繁忙期 梅かまも もちろん大忙しです

下の写真はその忙しい中の1コマ 富山ブランドにも選ばれた別選の昆布巻を1本1本丁寧に手巻きで作っております
besenn
別撰蒲鉾は機械で作っても 社長が納得できない美しい巻きの蒲鉾にならないために 蒲鉾職人が丹精込めて作っております

新年を特別な蒲鉾で迎えたいお客様に お勧めの逸品です

今日は取材が2回ありました

今日は取材が2回ありました
午前中は富山新聞の取材で「ヴァレンタイン蒲鉾」を取材していかれました
vtain1
ヴァレンタイン蒲鉾の作成を撮影している画像です

午後からはBBTさん取材で「富のおもちかえり」11品 新幹線開業へ県が土産選定関連で 新製品の「とら河豚蒲鉾」の作成方法を撮影されていかれました
bura
蒸し窯の前での撮影で 工場長が型に蒲鉾を詰めている姿を撮影中

放映日等判りましたら更新しますので よろしくお願いします

もうすぐ節分 恵方巻きが全国区となってますね

2月3日は節分 近頃は恵方巻きが全国区となっていますね
そういえば富山名産の巻き蒲鉾って巻き寿司に形が似ていますね
akamaki kobumaki
似ているからといって赤巻や昆布巻を 恵方に向かって無言で 願い事を思い浮かべながらを丸かじり(丸かぶり)するのはご容赦ください[無理に食べて思わぬ事故が起こってもわが社は責任を取りかねます]
程よい厚さに切って美味しく食べられることをお勧めします