梅かまの店舗紹介します!第二弾は「富山駅店」

前回の「富山大和店」に続き、ご紹介する店舗は

「富山駅店」

です!!

富山駅は、現在新幹線開通に向けて駅舎工事が進んでいます。そのため、ステーションデパートにあった店舗は、仮店舗となり、富山駅の南口改札を出てすぐの「とやま駅特選館」の中にあります。

富山駅店とは

今お伝えしたように、富山駅の南口改札を出てすぐの「とやま駅特選館」にある富山駅店。
20130425-01
大きく「梅かま」の店名が光っています。ちょうど中央の辺り。入口からも見える場所で、たくさんの種類のかまぼこが並びます。
仮店舗とはいえ、品数は豊富。約70種類はあったでしょうか。

おすすめ商品はこちら!

梅かま富山駅店での人気商品は、手軽さがポイントのようです。いくつかご紹介しましょう!

「一口お好みオードブル」 1袋950円

20130425-02
電車を利用されるお客様が多くいらっしゃいますが、電車内で飲み物と一緒におつまみとして召し上がっていただける手軽さが人気です。
しかも、1袋の中には、赤巻、昆布巻、チーズインかまぼこなどが一口サイズにカットされています。大人数でも大丈夫!!

「白えび焼」1袋350円

20130425-03
富山の海の幸、代表の一つは「白えび」。その姿が見えること、また口に入れた時の香ばしさが人気です。1袋4個入りは、食べ切りサイズとしてもちょうどいいですよね!!

その他にもおすすめしたい商品があります!富山県らしいものといえるのではないでしょうか。

20130425-04

「やわらか」にかかれている文字は「いきいき富山」
富山に行ってきたとすぐにわかっていただけること、そしてやはり富山のかまぼこのおいしさを感じていただける、商品です!

県外のお客様には、手軽にお土産として、また旅のお供としても喜んでいただいています。

また、かまぼこデザインコンテストでグランプリをとった、
「みつめたい(見つめ鯛)」は1個630円。

20130425-05

さかなを正面からみたデザインはとても斬新でおもしろいと評価されましたが、スタッフがお客様に説明すると、やはりお客様も「おもしろい!」と購入される方もいらっしゃいます。

細かな気配り

富山駅店のスタッフは女性4人。富山駅を利用される方がお土産として購入されることが多いことから、小分けの袋も用意しています。
それは、スタッフの手作りです。包装紙を丁寧に切り、適当なサイズにしてのり付けです。

かまぼこの種類が多く、サイズもそれぞれ。例えば、ミニたこを5個買われたお客様がいらしたら、その分の小分けの袋も必要であればお渡ししています。その時に生まれるお客様との会話も楽しいひと時。喜んでいただけるようにとスタッフが心を込めて作ります。

忘れられないおいしさ

旅の思い出は、景色や観光スポットももちろんですが、その土地で食べた味覚は忘れることができないものの一つでしょう。

こんなお客様がいらっしゃいました。
鯛の細工かまぼこをご覧になった時、「鯛のかまぼこ、まだあったんだね」と。
富山のご出身で、県外にお住いの方でした。鯛の細工かまぼこを手に、とても懐かしそうにしていらっしゃいました。思い出される、口に広がる味と当時のエピソード。そこには、お客様の忘れられない思い出や時間があるのでしょうね。
小さなかまぼこから広がる、たくさんの笑顔や富山での思い出。
多くのお客様が喜んでくださるような品揃えでご来店をお待ちしています。

20130425-06

梅かま富山駅店
JR富山駅南口改札を出てすぐ。「とやま駅特選館」内
営業時間:午前8時30分から午後7時30分
年中無休
とやま駅特選館ホームページ

梅かまの店舗紹介します!第一弾は「富山大和店」

梅かまでは、富山県内のスーパーマーケットにて販売しているのはもちろんですが、工場に併設しているU-mei館や以前、「富山おでん」でご紹介した「梅香庵」そして、富山大和店と富山駅店、高岡駅店があります。
ご紹介していなかった3店舗、その特徴などを今回から紹介していきましょう!

第一弾は、

富山大和店

です!!

201304180-01

富山大和店とは

富山大和店。富山市の中心、総曲輪にある店舗です。梅香庵と同じ、大和富山店の地下1階にあります。
富山県内の名品を集めたコーナーの一角です。
大和のオープンと同時に、お客様が続々とお見えになります。

20130418-02

梅かまのコーナーには、所狭しと並ぶかまぼこ!!この時期は、5月5日の端午の節句に合わせて、兜の細工かまぼこなどが目を引きます。
並んでいるのは、引き出物のサンプルなども交えて約50種類。
お客様は、目的に合わせて、たくさんの種類から選ばれています。

人気ランキング

そこで、梅かま富山大和店の人気商品ランキングをみてみましょう!!

梅かま富山大和店 人気ランキング第3位
「別撰」

2013-04-01

値段は少々高めですが、一度食べてみたいというお客様が多いそうです。

梅かま富山大和店 人気ランキング第2位
お祝い・節句の細工かまぼこ(箱入り)

20130418-04

詰め合わせを事前に予約される方や、出かける時に寄って選ばれたりと、利用される方は非常に多いです。
サンプルの展示や、写真をまとめたチラシも用意していて、お客様にはわかりやすくなっています。

梅かま富山大和店 人気ランキング第1位
「特製」

20130418-05

お土産に、またご自宅用にも一番選んでいただいているのが、特製シリーズ。やはり、お手頃な値段と、ボリュームが魅力ですよね!別撰もですが、赤巻と昆布巻、しぐれを3本セットにしたり、5本セットにして購入される方もいらっしゃるようです。

いかがでしょうか。3位からご紹介しましたが、たくさんの組み合わせでお買いものを楽しんでいただくことができます。

20130418-06

こんなかわいいかまぼこも、もちろん並んでいますよ!

県外からのお客様

富山大和店には、観光バスで来られる団体のお客様も多いようです。県外からお越しの方にとっては、渦巻きのかまぼこやいろいろな形や絵が描かれている細工かまぼこは大変珍しいですよね!

東京からお越しになった小さなお子様連れのご家族がいらっしゃいました。富山のご出身で、帰省されていたとのこと。かまぼこの文化はよくご存知でいらっしゃるのですが、かわいい細工かまぼこをご覧になり、お子様と「かわいいね〜」と笑顔になっていらっしゃいました。

笑顔で接客

スタッフは女性4人です。笑顔で、お客様の相談に乗りながら商品選びのお手伝いをしています。
梅かま富山大和店はふるさと名品コーナーに店舗があるため、他店の名産と組み合わせて発送することもできます。(但し、要冷蔵の発送に耐えられるものの扱いになります)

「富山に来られた時には、ぜひ梅かまの商品、富山のかまぼこを手にとってください!」とご来店をお待ちしています!!

20130418-07

梅かま富山大和店
富山市総曲輪三丁目8番6号
営業時間:午前10時から午後7時
定休日:大和富山店と同じ。(4月は10日でした)
富山大和ホームページ

かまぼこレシピ 野菜たっぷり八宝菜風

新年度。新たな環境に一歩踏み出した方々も多いでしょう。

入学祝いにと、かまぼこをいただきました。
「やわらかの細工かまぼこ」です!!お祝い事に、細工かまぼこをとご紹介していましたが、やっぱり、いただくのはうれしいものです。
いただいた「やわらか」を使った簡単レシピを今回はご紹介しましょう。

社員の皆さんのレシピにも、「やわらか」を使ったレシピがありました。
そこで、選んだのは

「八宝菜」

20130411-01

このレシピは、社員の川上貴子さんが紹介してくださったものを参考に作っています。

20130411-02

材料(4人分)

やわらか・・・1/2個
白菜・・・1/2個
たけのこの水煮・・・170グラム
にんじん・・・120グラム

うおじょうゆ・・・少々
鶏がらスープの素・・・小さじ2
水・・・200cc
塩・こしょう・・・少々
水溶き片栗粉・・・適量

作り方

1,野菜、やわらかを短冊切りにする

2,切った野菜を硬い順に炒めていく
(にんじん、たけのこ、白菜)

20130411-03

3,野菜がしんなりしてきたら、やわらかを加え炒める

4,塩・こしょうを加える

5,水に溶いた鶏がらスープの素を加え、うおじょうゆをひとまわし加え煮る

20130411-04

6,水溶き片栗粉を加え、とろみをつけたら完成!

食べた時のやわらかのふっくらと優しい食感が良いですね!たけのこは水煮を使いましたが、これからはたけのこのシーズンになりますから、生のたけのこを使うとぜいたく感を味わえるかも。
きくらげやエビなどを加えてると、本格的な八宝菜のように仕上がります。

お肉の代わりにかまぼこを使った八宝菜風、ぜひお試しください!!

富山のかまぼこを全国へ 富山県かまぼこ組合の取り組み

富山のかまぼこは、昆布巻きや赤巻に代表される「渦巻き」の形をしています。
以前も、このブログで紹介させていただきました。

20130404-01
特に昆布巻きかまぼこについては富山県かまぼこ組合(※)に加盟している35社のうち、揚げもの専門のお店以外の34社で製造されています。
親しみのある形、そして味。昆布巻きかまぼこは
「富山の地域ブランド 富山名産 昆布巻かまぼこ」として全国に発信しています!
その役割を担う「富山県かまぼこ組合」の取り組みです。

地域ブランド 富山昆布巻かまぼこ

昆布巻きかまぼこを全国に発信するには、富山の地域ブランドに育てること!
富山の昆布巻きかまぼこを、地域団体商標に登録し「富山名産 昆布巻かまぼこ」としてアピールすることになりました。

20130404-03
※富山県蒲鉾水産加工業協同組合より

この商標は、その認定基準を満たさなければ、使用することはできません。
そのうちの一つが、「必須アミノ酸5%程度以上の含有」です。
低脂肪、低カロリーでかつ良質なタンパク源である健康食品である所以はこれです!

そしてもう一つが「富山の蒲鉾10ヵ条を守る」ということです。

「富山の蒲鉾10ヶ条を守る」とは、どういうことなんでしょうか。

富山の蒲鉾10ヶ条

1,富山の蒲鉾たる品質を守るための努力を怠らず、その品質については、企業(店)同士の理解を得ることができること。

2,原材料、副材料などすべてを吟味し、富山の蒲鉾の名をけっして辱めないこと。

3,原魚の持ち味を生かして高たんぱくの製品を製造していること。

4,蒸し蒲鉾であること。

5,富山の蒲鉾本来の製法・技法・技術を頑固に守り、将来もそれを尊重する意思を持っていること。

6,富山県に本社(本店)があり、なおかつ経営の拠点が富山県にあること。

7,富山県内に自社(自店)の製造工場を持つこと。富山県以外に製造工場がある場合は、必ず自社(自店)工場であること。

8,富山の蒲鉾業者としての30年以上の歴史を有し、周囲からも同業者からも広く認知された企業(店)であること。

9,富山の蒲鉾を大切にする信念をもつ経営者が携わる企業(店)であること。

10,富山県蒲鉾水産加工業協同組合の組合員であること。

以上が「富山の蒲鉾10ヶ条」です。

これを読んでみて感じることは、「富山の蒲鉾を誇りに思い、伝統を守り、そして富山にこだわった、富山のためのもの」であることを組合員全員が理解し、高め合っていこうとする気持ちの強さです。

梅かまもその一員として、日々おいしい「富山名産 昆布巻かまぼこ」作りに励んでいます。

20130404-04

みなさま、昆布巻かまぼこをお買い求めになる時は、商標のシールが貼ってあるかどうかも一度ご覧になってください。
そして、富山自慢のおいしい「富山名産 昆布巻かまぼこ」を召し上がってくださいね!!