蒲友会(ほうゆうかい)開催の細工かまぼこ体験教室に協力しました

今日3月19日は富山県蒲鉾業界では細工(319)の日として毎年イベントを開催しています
今年は土曜日に開催と言うこともあり親子細工体験教室を北日本新聞越中座で行いました
沢山の応募の中から抽選で選ばれた午前・午後の部合わせて30組の親子が 雨の日にも関わらず全員参加されました

まずは中陳会長(生地蒲鉾)のあいさつから始まり
taiken2
柴副会長(新湊蒲鉾)による 細工実演を観覧した後
taiken1
皆さん細工かまぼこ体験 B4サイズ位のかまぼこのキャンバスにそれぞれの芸術作品を熱心に創作 時には地元ケーブルテレビや北日本新聞社の記者によるインタビューなどを受けたりと 非日常な体験をされたと思います
taiken4
蒲鉾を蒸している間に各社自慢の一品を試食しながらの麻生直前会長(富山ねるものコーポレーション)による蒲鉾講座
taiken3
蒸しあがりの蒲鉾をお持ち帰り
という流れで 皆さん満足げに帰られました

このイベントの模様は3月27日(日)の北日本新聞にて掲載されます
楽しみにお待ちください

品評会に出品した作品が戻ってきました!

先日、第68回全国蒲鉾品評会が東京で行われ出品した作品が本日戻ってきました!
細工職人の山田課長が数か月に渡って考えられた作品がこちらです(*゚▽゚)ノ

new_20160319

十二単像をかまぼこで描いております。
細かいところまでこだわり、金箔も使用し華やかな作品に仕上がりました♪
桜の花びらも一つ一つ丁寧に作り上げております!

new_20160319_edited-1

もちろん、全部かまぼこで描かれてるので食べることができます!
しかし、食べるのにはもったいない気がしますね(^_^;)
山田課長、お疲れ様でした!

品評会向けの超大作蒲鉾の作成作業が観られます

今日 山田細工部部長が 今週行われる品評会向けにこの数カ月取り組んできた蒲鉾の作成に取り組まれます

U-mei館に見学に来られれば その製作風景を観ることが見学することができるかも
hinnpyou
上の写真は細工加工するキャンバスになる台の整形作業中の画ですこの写真でもかなりの大作が出来ることが伺えます

皆様のお越しを お待ちしております

卒業・入学 新生活へ向けてのお祝いに 合やわらか(桜)沢山出ています

まさに今は 4月から新生活に向けて人の動きが活発になる時期です
梅かまでも卒業・入学シーズン向けの商品がたくさん出ています

その中でも合やわらか(桜)はこの時期沢山出ます
sakura2
合やわらか(桜)は職人が一枚一枚丁寧に桜の花びらを書き込んでいき その後 桜の花びらの特徴でもある切れ込みを入れるという大変手間暇がかかる商品で 新生活にふさわしい逸品だと思います

その合やわらか(桜)が入ったセットが 「祝セット(桜)」3440円
sakura3 
梅かまHPの 特設バーナー「卒業・入学 お祝い商品」からお買い求めください