大臣賞受賞 富山かまぼこの代表格「赤巻」「昆布巻」

大臣賞受賞かまぼこについて、欠かせないかまぼこがあります。

それは、「赤巻かまぼこ」と「昆布巻かまぼこ」です。

赤巻も昆布巻も、富山を代表する形であり、もちろん梅かまの代表商品です。

実は、一番最初に受賞したのが「昆布巻かまぼこ」なんです。


受賞したのは、昭和29年11月です。全国蒲鉾品評会にて「農林大臣賞」という評価をいただきました。


そして、赤巻かまぼこが全国蒲鉾品評会で「農林水産大臣賞」を受賞したのが平成6年の10月です。

別撰のおいしさ


受賞した商品はどちらも「別撰」です。

別撰は、通常のかまぼこの材料(スケソウダラやグチのすり身等)に加えて、近海で獲れた「にぎす」のすり身が入っています。

また、一つ一つ職人が手巻きして作っています。もちろん、梅かま自慢の「にぎすのうおじょうゆ」も入っています!

こうして富山のかまぼこ作りの技と伝統を受け継ぎ、最高の素材を吟味して練り上げたこだわりの逸品が仕上がっていきます。
また、かまぼこの旨味ややわらかな食感を味わってもらうために、保存料は使われていません。

また食べたくなる味

お買い求めいただくお客様の中には、別撰を一度食べるとまた食べたくなる味だと、長く召し上がっていただいている方もいらっしゃいます。また、贈り物にもご利用いただいています。
にぎすを加えることにより増す旨味が、多くの方々に支持していただけているのではないかと思います。

価格は、少々高くなりますが、ぜひ一度召し上がっていただきたい商品です。
梅かま公式サイト