かまぼこレシピ かまぼこのお好み焼き風

8月ももう終わり。9月に入ろうとしています。子供たちの夏休みも残すところあとわずかになりました。
夏休み最後に、家族でおやつ作りはいかがでしょうか?
今日のかまぼこレシピは、とっても簡単!お子さんと一緒に作ってほしい一品です!!

ご紹介するのは、

「かまぼこのお好み焼き風」

20130829-01

材料(4人分)

20130829-02
赤巻・・・1本
たまねぎ・・・小1個
ピーマン・・・小1個
しょうがのみじん切り・・・小さじ1
片栗粉・・・大さじ3
溶きたまご・・・1個分

作り方

1,赤巻、たまねぎ、ピーマンを適当な大きさに切る…①

20130829-03
2,①の材料と、しょうが、片栗粉、溶きたまごをフードプロセッサーにかけ
 なめらかになるまで混ぜる。

20130829-04
3,熱したフライパンに油をひき、直径10㌢程度に広げて焼いていく。

20130829-05
4,ふつふつと穴があいてきたら裏返し、両面焼きをする。

20130829-01
5,両面に火が通ったら完成!!

見た目は、お好み焼き!という感じです。食感は、ふわふわしていてかまぼこで作ったとは思えないくらい(笑)
今回は、たまねぎとピーマンを使いましたが、いろいろな野菜でアレンジしてもよいのではないかと思います。フードプロセッサーにかけてしまいますので、野菜が苦手なお子さんでも大丈夫!!
滑らかになるまでフードプロセッサーにかけますが、しっかりとした食感を残したい場合は、少し粗めに具を残すのもいいと思います。
かまぼこのおいしさに、しょうがが効いていて、そのままでおいしく食べられますよ!!
カルシウムやDHAも豊富に含まれるかまぼこでの簡単おやつ。
ぜひお試しください。

富山の子育て雑誌「はっぴーママ」に内祝い品としてオーダーメイド細工かまぼこが掲載!

富山の子育て雑誌「はっぴーママ」に内祝い品としてオーダーメイド細工かまぼこが掲載!
富山の子育て雑誌「はっぴーママ」に内祝い品としてオーダーメイド細工かまぼこが掲載!

梅かまではお子様の誕生やご入学、その他節目ふしめの内祝いのお品として、またプレゼントとして、オリジナルデザインの細工かまぼこのご注文をお受けしております。
この度、「はっぴーママ」富山版、2013秋号に編集部がオススメする内祝いグッズとしてご紹介いただきました。

富山の子育て雑誌「はっぴーママ」に内祝い品としてオーダーメイド細工かまぼこが掲載!
富山の子育て雑誌「はっぴーママ」に内祝い品としてオーダーメイド細工かまぼこが掲載!

H.T 2

1993年発行 学研2年の学習に子供時代のスタッフが登場

1993年発行 学研2年の学習に子供時代のスタッフが登場

1993年発行の学研2年の学習にも、弊社のかまぼこが掲載されました。
実は、その中に登場する真野純一君が、現在梅かまに入社して働いています!

20年前は、抱えきれないほど大きかった鯛のかまぼこも、楽々と持ち上げれるほど成長しました。
現在の写真と比べてみると、幼い頃の面影が残りつつも、精悍な表情に成長して、今では梅かまで一二を争うイケメンスタッフに。

学研2年の学習 1993年 9号 掲載紙ダウンロード
(A4/6P/2MB/PDF)

今も昔も、U-mei館には沢山の子供達が、かまぼこ作り体験で訪れてくれます。
将来大きくなった時に、また訪れてもらえるように、梅かまはずっとずっと富山のかまぼこの文化を守り続けていきたいと思います。

かまぼこレシピ ご飯のお供にかまぼこの卵とじ

8月に入りました。夏休みになり、お子さんが日中も家で食事をすることも
多くあります。
お母様たちは、その献立を考えるのも大変ですね。
梅かまのスタッフがお勧めする、かまぼこの簡単レシピをご紹介していますが、
今回は、和のおかずです。

ご紹介するのは、

「かまぼこの卵とじ」

20130801-01

材料(4人分)

20130801-02

赤巻(今回は特製)・・・1本
たけのこの水煮・・・50グラム
たまねぎ・・・小1個
たまご・・・3個

水・・・3カップ
めんつゆ(濃縮)・・・1カップ
みりん・・・適量

作り方

20130801-03
1,赤巻、たけのこ、たまねぎは、適当な大きさに切っておく。

2,水、めんつゆを鍋に入れ、火にかける。

20130801-04
3,たけのこ、たまねぎを鍋に入れ、柔らかくなるまで煮込む。
 適量のみりんを加え、さらに煮る。

20130801-05
4、赤巻を加え、味が染みるまで煮込む。

20130801-06
5,あらかじめ溶いておいた卵を回し入れ、たまごが固まったら完成。

20130801-01

大きなお皿に盛りつけましょう。
かまぼこは大きく膨らむので、なるべく小さく切るといいですよ!
甘めの味付けがお好きな方は、砂糖を加えてもいいと思います。
ご飯が進む、しっかりとした味付けに仕上げました。ご飯の上にのせて
たまご丼のようにして食べるのもおススメです!!