新年のご挨拶

いよいよ2013年がスタートしました。
2012年11月15日から始めた「梅かまブログ」も8回目になります。
今回は、新年にあたり社長の奥井健一よりご挨拶をさせていただきます。

新春を迎えて

新年あけましておめでとうございます。

皆様方におかれましては新春を健やかにお迎えされましたこと、お慶び申し上げます。
日頃弊社製品をご高配に預かり、心から感謝を申し上げます。
またこの一年もよろしくご愛顧賜りますよう、お願いを申し上げます。

さて、ここ数年、私ども食品業界を取り巻く環境は、消費の低迷、原料高・
製品安、円高・デフレなど年々厳しくなってきています。
昨年末に行われた衆議院議員の総選挙によって、国政の枠組みも変わり、新たな年の始まりとして、是非先の見える経済や社会状況になるよう期待したいですね。

先が見えるといえば、「ちくわ」ですね。
ちくわは穴の先がみえますので是非皆んなでおでんを食べて、ちくわで先を見ようではないですか。

冗談はさておきまして、まだまだ経済の回復には数年間は必要かと思われます。
私たちかまぼこ屋さんは、良質な魚肉蛋白の供給者として、「安心して、おいしい製品」を真心込めて作り、お客様皆様に喜ばれるよう努力し続けて行きたいと思います。

農林水産省が提唱している魚離れに対応して、「ファーストフイッシュ運動」、いわゆる骨なし魚の普及ですが、かまぼこには昔から骨がありません。かまぼこのほうが、はるかに先輩にあたりますが、一緒に運動に参加して行こうと思います。

かまぼこの機能性もどんどん科学的に解明されてきております。また「五味五法」、蒸す・焼く・煮る・揚げる・生でと、すべてに対応できる優れものがかまぼこです。

ぜひ梅かまのかまぼこを食べていただきたいと思っております。

                          株式会社梅かま 代表取締役 奥井健一 

U-mei館は、1月4日より通常営業いたします。
ぜひ、ご来館ください。