すり身レシピ 肉の代わりにすり身をつかったヘルシーぎょうざ

すり身揚げ、味噌汁。
すり身の料理で代表的なものは、この2つでしょう。
他には・・・。
まだまだあります!ということで、ご紹介しましょう。
すり身製造見学の時に、お話をしてくださった野沢さんの一言。
「ぎょうざにも使う!」

これだ!!ということで、今回は「ぎょうざ」を作ってみましょう!

材料(40個分)


生すり身・・・240グラム
キャベツ・・・小1/2個
ニラ・・・1/2束
にんじん・・・120グラム
にんにく・・・1片
しょうが・・・にんにくと同量
ぎょうざの皮・・・40枚

うおじょうゆ・・・適量
ごま油・・・適量

作り方

1,キャベツ、ニラ、にんじん、にんにく、しょうがをみじん切りにしておく
(フードプロセッサーがあると簡単ですね!)

2,みじん切りした野菜の中にすり身を入れ、混ぜ合わせる


3,うおじょうゆ、ごま油を入れ、さらに混ぜ合わせる


4,ぎょうざの皮に適量とり、包んでいく


このような感じですべて包みましょう!
包んだぎょうざをあとは焼くだけ!!


5,熱したフライパンにぎょうざを並べ、強火で焼いていきます
 途中、水を入れ蓋をし、蒸し焼きに


6,焼けたぎょうざを皿に盛って、出来上がり!!


ぎょうざを切ってみると野菜の緑が映えますね。

たれはお好みで作ってください。(しょうゆ、酢、ラー油)
今回のすり身ぎょうざには、隠し味として「うおじょうゆ」を使いました。やはり、うおじょうゆを使うと味がしっかりついてくれて、たれがなくてもそのままおいしく食べることができます。野菜の甘みとすり身のあっさりした味、もちもち感が味わえます。
ひき肉の代わりにすり身を使っていますので、とてもヘルシーです。
すり身って、かまぼこ同様、ヘルシーフードですよ!!

はじめにもお伝えしましたが、このぎょうざを紹介してくださったのは、
すり身見学でもお世話になった野沢さんでした!

ぜひご家庭でもお試しください。